SONOR ゾノア社 『マウスメタルフォン』 / ドイツ製

  • 2017.10.20 Friday
  • 15:51

こんにちは。

 

今日は、ゾノア社の『マウスメタルフォン』のご紹介です。

 

第一印象は、やはり「かわいい♪」の一言につきます。

ですよね? 笑

 

そして、マレットで鉄琴を叩いてみると、

綺麗な音色を奏でるので、

おっ?なかなかやるな♪

となるはずです。

 

それもそのはず、ゾノア社は

140年以上続くドイツの打楽器メーカーです。

特に、ドラムが有名ですので、

バスドラムのところに、

 

 

と、このロゴが書かれているのを

見たことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

実は、私がそうでした。

だから、まさか鉄琴も作っていた、なんて。

しかも、子ども用の打楽器を

いろいろと作っているなんて、なんて驚き。

あ、話がそれましたね (笑)

 

ですので、音の調律はきちんとされていて、

音階も正確です。

 

これ、とても大切なことです。

耳ざわりな音なのか、心地良い音なのか。

 

正しいことは美しくもあります。

心や脳の発達へはもちろん、

いろいろなことへ影響を与えるからです。

 

子どものものだからといって、

「取り敢えず」なものではなく、

きちんとしたものを与えることが

大切ではないかと思います。

 

「メタルマウスフォン」は、

小さなお子さまの為のものですので、

鍵盤が色付けされ、親しみやすくなっています。

また、付属の譜面は鍵盤の色と対応していますので、

楽譜が読めなくても、色を追って叩けば、

譜面通りの、それなりの曲ができる、はずです(笑)。

 

マレットを握れるようになるのは、1歳過ぎごろです。

でも、最初は、上手に真ん中に叩くことはできません。

しかも、ポンポンと叩くのではなく、

打ちつける感じなので、重たい音になるでしょう。

 

これもやはり、「目と手の協応性を養う」に繋がっていきます。

目で見て、ここを打つと脳が指令して、手が実行する。

それは、手首、肘、肩の運動の連動でもあり、尚且つ、

一定に叩く。小さいお子さまには難しい動作です。

 

マレットはシッポの横に収納できるようになっているので、

お片付けも簡単。失くす心配がありません。

そして、そのシッポは、壁にかけることもできます。

 

でも、なんだかんだいっても、

「叩けば音が出る」

至ってシンプルなことが、楽しいです。

 

是非、店頭にて、マウスメタルフォンの音を鳴らしてみてください。

心よりお待ち申し上げております。

 

Toy-Toy-----------------------------------------

心から満足のできる「本質のある玩具」は、子どもの内面を育てます。
E-mail:shop@toy-toy.jp

TEL,FAX:048-628-2184

〒330-0842
さいたま市大宮区浅間町2-45-1 2F

OPEN:水ー金:13:00頃〜17:00頃 (月・火定休)

土・日・祝日:13:00頃〜18:00頃

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM