ニキーチン・「ユニキューブ」

  • 2014.01.31 Friday
  • 13:23

こんにちは。

今日は、ニキーチンの「ユニキューブ」のご紹介です。
(ニキーチンにつきましては、こちらも併せてお読み戴ければ幸いです→★

こちら、『三次元空間の世界』を教える、考えるおもちゃとなり、
兎に角、集中力、慎重さ、正確さが求められます。

ユニキューブに関しては、『問題』が必要となります。
問題がないと、遊ぶことがきないかも。
つまらないかも。意味がないかも(笑)。

というわけで、この「ニキーチンの知育遊び」の本の中に問題がありますので、
併せてお求めになることをおススメします。
同じ問題でも、タイムを計ったりすれば、何度でも、新鮮な気持ちで遊べますよ。
(現在小3のムスメも未だに、このキューブで遊んでいます)



キューブは、赤、青、黄色のどれか一色が塗られていています。
そして、配色パターンはある規則性に基づいていますので、全て同じではありません。
例えば、赤で言うと、赤が3面あるキューブ、2面、1面しかない、
などなど、いろいろなタイプが27個あります。

積み木自体、ツルツルして手触りがいいです。
冷たく感じるので、落ち着いて考えることができるように思います。
実物を見て頂くとお分かり頂けると思うのですが、
この小さなキューブに色づけするには、
職人技と言える高度なテクニックと時間が必要です。
また、面取りはしてありませんので、角は痛いです。
それは完成品を、境目のない、1個の作品として見るためです。

では、
「全面、赤で出来た3X3X3を作りなさい」という問題があるとします。
(即ち、真っ赤な立方体を作ればいいだけ)

簡単!

キューブの面に出ている赤を、完成形のどこにもっていけばよいか
を考えて積むだけなのだから。

と思って、私、ちゃちゃちゃっとやってみたことがありましたよ(ムスメが幼稚園児だった頃)。
出来た!
思って、裏側をひっくりかえしたら、何と、1個だけ黄色が出ていました(涙)

そう、それは、もうその問題の答えとはならないのです。
間違い、なわけです。
や・り・な・お・し!

いえいえ、ちょっと言い訳をさせていただければ、ただの置き間違い!
キューブをくるくるっと回して、赤い面を表になるよう置き直したら、
無事完成したのですが、『慎重さ』を欠いてしまったわけです。
ま、やはり、その時点で失格ですよね(笑)。

もうね、その時のムスメの顔と1個だけ黄色だったキューブの姿だけが、
今でも鮮明に記憶に残ってるんですよ(笑)
で、ムスメがどんな顔をしていたかというと、ビックリ顔!
だって私、ドヤ顔でひっくり返しましたから(笑)

で、今回ブログ用に久しぶりにやってみました。
しかも、指示が多めで(笑)

(赤の3x3x3、且つ、中の色は指示通り)









是非、このちょっと難しいユニキューブを店頭にて遊んでみてください。
集中する楽しさが味わえますよ。もちろん、どうぞ慎重に。
心よりお待ち申し上げております。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM