店主の徒然 : 2016 夏特版  やっぱり地球は生きている 1 キラウエア火山/ハワイ島 

  • 2016.08.22 Monday
  • 19:34

こんにちは。

 

ハワイ島といえば、キラウエア火山も外せない。

 

というわけで、宿泊していた島の西側から、ドライブがてら行ってみました。

で、途中で気が付いたのですが、「ドライブがてら」という距離ではありませんでした(笑)。

ハワイ島の別名「ビッグ アイランド」。

将にその通り。どこに行くにしても「目指して」行かないと、

ちょっとそこまで…というわけにはいかない(笑)

 

で、コーヒー園を覘いて、途中のドライブインでマラサダを食べ、

ブラックサンドの海辺に立ち寄り(→★ドライブ内容は次号ご期待あれ♪)、

いよいよキラウエア火山国立公園へ。

 

そして、散々寄り道したので、着いたころには既に夕方(笑)。

 

それでも、観光客はあとを絶たず。

 

ところで、ハワイ諸島の中で、ハワイ島が一番若い島だということをご存知ですか?

 

 

上の写真の中央のイラストをクローズアップ!

 

マグマだまり(右下の黄色の部分)のちょうど上がハワイ島。

 

で、そのマグマだまりからちょっと離れて、続いている先が、マウイ島。

ハワイ島から離れていくにつれ、島が古くなっていき、火山活動もなくなっていきます。

 

という、話を聞いていたので、ちょこっとご紹介しました(笑)

 

さて、まず国立公園に着いたら、ビジターセンターに行って情報収集。

と言いたいのですが、もう時間もないので、とりあえず

 

Lava-Tube 溶岩トンネルへ

 

トンネルへ行くには、熱帯雨林の植物の中を歩いていきます。



グルっと回りながら降りておきます。

 

鬱蒼としていて、下がどうなっているのかわかりません。

 

トンネルの入り口。





中に入ると、ひんやりとジトっとした空気になります。

 

 

iPhoneImage.png

 

溶岩トンネルは、将に溶岩が流れてた後にできた空洞のこと。

 

どんなに熱い溶岩でも、

地表や外気に面しているところから固まり始まります。

が、完全に固まることはなく、

実際は溶岩はその中をドロドロと流れていき、

流れ切ったあとの空洞が、溶岩トンネルというわけです。

 

トンネルを出ると、

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

今までに聴いたことのないハワイ固有の鳥の声が聞こえてきて、

ジトッとまとわりつく湿度と、

朽ちた木に苔生す姿を見る限り、

中生代かジュラシックパークか。

 

 

 

と、今回はここまで。

なかなかキラウエア火山まで行き着かない(笑)

 

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM