店主の徒然 : 2016 夏特版  やっぱり地球は生きている 2 キラウエア火山/ハワイ島

  • 2016.08.24 Wednesday
  • 16:44
こんにちは。

キラウエアといえば、「女神ペレ」の神話も。
美しく、情熱的な女性。

火山の神様と言われています。
タヒチからハワイ諸島へ来たことになっていて、
最初はニイハウ島、次にカウアイ島、オアフ島……
次々に住むところをかえ、
最後はハワイ島のキラウエア火山に落ち着いて住んでいると伝えられています。

それは、ハワイ諸島のできた順番であり、
やはり火山活動と絡んで神話があるのは、面白いところ。

神話は、兄弟だったり、ハワイ島の雪の女神との対立だったりと、
興味がありましたら、是非、どこかで(笑)お読み頂けるといいなぁと思います。



黒髪が美しい女神ペレですが、
たまには、老婆となって村を歩いたりするそうで、
災いが起きたら大変!
と、村人達はこぞって、車に乗せてあげるとか。
どこに送ってあげるんでしょうか‥なんてヤボってもの。

その黒髪を印象づけるのが、
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 左側の溶岩。



うねった感じが、ペレの髪を思い出させます。
右側の溶岩は、ハワイ語で「Aa」アアと言い、
「ごつごつした」という意味だそうです。


艶っぽい溶岩は、比較的新しいもの。


何もない荒野。

ハワイ島の花。オヒアレフア。


面白いのは、木の部分を「オヒア」花の部分を「レフア」
と別々に呼ぶそうで、それにまつわる伝説が。

女神ペレが、オヒアという青年に恋をしたのですが、彼にはレフアという彼女がいました。
嫉妬したペレは、オヒアを木に変えてしまいました。
帰ってこないことを悲しんだレフアは泣き暮らし、町は洪水になりました。
神々は困り、またレフアを憐れんで、花に変え、この木に咲く花にしました。
そして、この花を摘むと、離れ離れになる悲しみで、雨が降る。


というお話を今でも、ハワイ島の人は信じているそうです。

と、今回はここまで。

まだまだキラウエア火山の火口にはたどりつきませんね。

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM