絵本:『からだの本』かこさとし (加古里子) /童心舎

  • 2016.11.18 Friday
  • 12:55

こんにちは。

先日、あるTV番組で、絵本作家の加古里子(かこさとし)さんの特集をしていました。
朝だったので、洗濯の途中だったのですが、見入ってしまいました。

加古さんは、私も子ども時分から大好きな方です。

こうやって未だに活躍されている姿を拝見できるのは、うれしい限りです。

で、どうしてもご紹介したい本があります。
マイナーな感じなのですが、





『からだの本 全10巻』

これは、ムスメが幼稚園の時に読み聞かせをしていた本です。

第2巻の『たべもののたび』は、何度もせがまれて読みました。
大まかに説明すると、「食べ物が口の中から入って、どうなっていくのか…」

なのですが、言い回しやその説明が的確で、大人の私でも、「わかるわかる」と
納得してしまうほど。

で、この「からだの本」、高学年になったムスメにもまた読む機会がありました。

どうやら、理不尽な出来事に遭遇したらしく、
「どうして、ああいう人がいるのか」
と、珍しく憤った感じでしたので、
「そうだ、あの本、あの本」と、↓↓↓



『わたしの のう とあなたの こころ』/からだの本10(巻)


上記の絵本を店から持ち帰り、(店内のサンプルには、

ムスメが読んでいたものもあります) 渡しました。

ムスメにしてみれば、
「はぁ?(←なんで今更、絵本??)」

だったのですが、ジーッと読んで、
最後には 「なんか、わかった」と言っていました。

内容は、ぜひお読み頂きたく、
加古さんの本は「誰でも」「いつでも」 心に響くものがあると思います。

そして、何がいいかって、『あとがき』にクラッとさせられます。

加古さんからのメッセージは、ストレートなので、

こちらもキチンと受け止めなければと思ってしまうのです。


是非、 加古里子さんの本に触れられてみてください。

他にも『だるまちゃんシリーズ』や『からすのパンやさん』などもあります。

こちらもおススメですので、またご紹介しますね。

今回ご紹介した本は、お取り寄せとなりますので、ご了承くださいませ。

 

Toy-Toy-----------------------------------------

心から満足のできる「本質のある玩具」は、子どもの内面を育てます。
E-mail:shop@toy-toy.jp

TEL,FAX:048-628-2184

〒330-0842
さいたま市大宮区浅間町2-45-1 2F

OPEN:水ー金:11:30頃〜16:00頃 (月・火定休)

土・日・祝日:12:00頃〜18:00頃
 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM