店主の徒然:2017 ニュルンベルクからちょっとプラハまで

  • 2017.03.09 Thursday
  • 13:47

こんにちは。

 

そして、何のプランもなくプラハへ行ってしまいました。
もちろん、宿もとっていません。
唯一決まっていたのは、

このバスに乗ることだけ 笑↓↓↓↓↓

 

ニュルンベルクの街を少し走っただけで、

こんな感じ↓↓↓↓↓


で、しばらくして気づいたら、

雪景色に!↓↓↓↓↓

標高が高いところを通っていくのですね。


バスに乗ること3時間半。

ようやく、プラハの駅に到着。

バスから降りて直ぐに入ったところ。

iPhoneImage.png

 

とりあえず、カレル橋まで行くことに。

 

30分有効のトラムのチケット。24Kc=約125円

 

トラムの中↓↓↓↓↓

 

そして、あれに見えるはカレル橋 ↓↓↓↓↓
iPhoneImage.png

カレル橋は、プラハ最古の美しい石橋で、ゴシック様式。全長は520m。

橋の両側の欄干に30体の聖人の像があります。

 

運よく部屋が取れたカレル橋の麓にあるドミトリー。

青い建物。↓↓↓↓↓

 

いざ、散策!

カレル橋を歩き始めて振り返ったところ。

あの門のすぐ奥に宿があります。

iPhoneImage.png

 

橋から見た風景↓↓↓↓↓

 

橋の欄干左右に、このような聖人の像が30体あります。
iPhoneImage.png

何も調べないで行ったので、

云われも何もわからず…。

しかも、「幸運のスポット」があったらしく、

ちょっと悔やまれるのでした 笑。

 

で、やっぱり、ビールでしょ。

と、早速パブへ。

iPhoneImage.png

 

あれ?何だか、人がいっぱいいますね 笑。

実は、この旅で知り合った似たような業界の方々。

この方々が、プラハに行くというので、

くっついて来てしまったのでした。

ホント、

子どもにかかわる業界の人に悪い人はいない、です 笑。

 

パブの中。

シーリングファンにぶら下がった魚のモビールが

ゆらゆら揺れてカワイイ♪
iPhoneImage.png

 

 

同じ店の逆側。

本棚があって、趣きがちょっと違います。

1つの店内なのに、面白いつくりです。

 

店から出たら、すっかり陽も沈んでいて、

ノスタルジックな風情に。



iPhoneImage.png

 

そして、歩いていたら、

「おッ!醸造タンク!!」

というわけで、2軒目へ。

 

フラフラ〜と寄ったのは、

醸造タンクのあるお店。

チェコは世界一のビール消費国!

ということは、ビール天国ですね♪



 

早速注文したのは、

黒ビールとレモングラスのエールビール。

エールビールは、軽い飲み口で、

レモングラスの爽やかさが口に広がるのだけど、

決して邪魔にはなっていなかったです。

スタウトは、もちろんパンチが効いてて、

でも滑らかなのど越し。あ〜飲みたくなってきた!笑

iPhoneImage.png

 

素敵なスパイスセット。

iPhoneImage.png

 

ビーツのサラダ。

iPhoneImage.png

ビーツ独特の土臭さと、食感が堪らない美味しさ♪

 

ウサギのラグー。

iPhoneImage.png

クリームタイプで、ウサギのあっさり感を補っていました。

マッシュルームの香りもちょうどよい感じ。

ハーブのパンは、耳に見立てているのでしょうか?

他にも、何か頼んだようなのだけど、記憶が……。

 

店内はこんな感じ。

iPhoneImage.png

奥に見えるのが、醸造タンク。

で、その隣に、サーバーが。

iPhoneImage.png

 

軽く飲んで、店をあとにしました。

 

続く。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM