シルトクレート社:シルトクレート・ベビー

  • 2020.07.24 Friday
  • 18:17

こんにちは。

すっかりこちらのブログの更新が滞っておりました!

別に何かあったわけではないのですが、

一度休んでしまうと、

中々復帰出来ないのが、世の常?(笑)

あ、笑い事ではないですね。反省。

というわけで、気持ちを改め、

心をこめてまた書いて行こうと思いますので、

どうぞ宜しくお願いいたします。

で、久しぶりのご紹介は何にしようかと

あれこれ考えたのですが、

今、一番私の中でホットなのは、こちら↓↓↓
どん!

シルトクレート社
シルトクレートベビー/ピンク

※ブルーのお洋服を着ている子と肌が黒い子がいますが、

そちらはお取り寄せとなります。

こちらのお人形さんは、
少し小ぶりなのですが、小さい人にとって、

ちょうど良い大きさとなっております

 

因みに、子どもの身長の1/3ぐらいが、

ちょうど良いサイズとされています。


靴下もはいているんだよ♪


ロンパースの柄がレトロな感じで、ホント可愛い♪

 

胴体は布性で抱き心地は良いうえに、
お尻のところにはペレットが入っているので

座りがよく、また程よい重さと硬さですので、

抱いた際、ちょうど腕にすっぽり、

手はちゃんとお尻に添えることができます。

目は、寝かすと閉じ、起こすと開きます。

茶色の瞳なので、日本人には馴染みやすいです。

そして何より、まつ毛の長いこと!

羨ましいかぎりです 笑。




赤ちゃんも夢をみるのかしら?

というCMを思い出された方は、私寄り 笑。

 


お世話人形は、赤ちゃん人形とも抱き人形とも

呼ばれています。

 

1歳半ぐらいですと、自分が親となって、

今まで自分がしてもらったことを

人形に返します。

遊びというよりも、日常生活そのままの再現。

自分がしてもらって嬉しかったことをそのまま返す。

それは、極普通の気持ちの現れです。

 

「赤ちゃんだから、何も分からない。何もできない」

ということは決してありません。

ちゃーーんと、自分が大事に育てられていた

ということを知っています。

 

3歳ぐらいになりますと、

語彙力や言葉数が増えたり、

更なる大人の真似だったり、

優しさや、小さい子を守るという感情が育まれます。


ぬいぐるみでもお世話ができるでしょ?

と思われるかもしれませんが、

やはり、人の形をしたものと、ぬいぐるみとでは、

違うように思われます。

 

人の形した物とそうでないもの。

お世話をするのであれば、人の形をした方が

人間関係の構築の観点からいっても良いのではないでしょうか。

 

ドイツのデパートのおもちゃコーナーでは、

壁一面に色々なメーカーの

お世話人形が置いてありました。

勿論、目の色、肌の色、髪の色などなど、

日本に比べると

多種な子が必要なのかもしれませんが、

メーカー自体も多いことに驚きました。

 

実際、玩具の世界見本市では、

抱き人形だけでも、

とても広い展示スペースが設けられており、

世界各国から多くの会社が出展されています。

 

それだけ、お世話人形というのは、

小さい人にとって、大切で、

必要なお友だちなのかもしれません。

 

それを感じたのが、我がムスメの場合。

ぬいぐるみを交えて、

よくおままごとで遊んでいましたので、

特にお世話人形は特に用意していませんでした。

 

しかし、「お世話人形は、母性を育てる」

ということを聞き、

慌てて用意したのが、ムスメ3歳半のころ。

 

で、どうなったかというと、

 

お世話は全くせず、ただのお友だち。

しかも、出番も少なく…。

 

でもせっかく用意したのだからと、

おんぶ紐で、背中にくくりつけたところ、

大泣きされました 笑。

 

よくよく様子を見ていたら、

髪がふさふさとして、

自分と大して変わらないような子のお世話を

どうしてしなければならないのか。

 

そうです。ムスメ自身は、3歳にもなり、

すっかり「お姉さん気分」でいるのに、

何で自分と年恰好が似た子に、

ミルクをあげなければならないのか…。

謎というより、納得できなかったのではないかと。

やはりそこは、「赤ちゃん」でないと

気持ちが盛り上がらないのかも、です。

 

結果、ムスメに母性が生まれたかどうかは……笑

 

ぜひ、この可愛い、シルトクレートベビーを見に

おでかけくださいませ。

心よりお待ち申し上げております。

もしかしたら、私が抱っこしているかも、です。笑

 

久しぶりの投稿なのに、あれもこれも書きたくなり、

長ーくなってしまいました 笑。

 

Toy-Toy-----------------------------------------

心から満足のできる「本質のある玩具」は、子どもの内面を育てます。
E-mail:shop@toy-toy.jp

TEL,FAX:048-628-2184

〒330-0842
さいたま市大宮区浅間町2-45-1 2F

OPEN:水ー土:11:00頃〜18:00頃 (月・火定休)

     日・祝日(月・火含む):13:00頃〜18:00頃

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM